東海陸守龍神(ひがしかいりくしゅりゅうじん)

東海陸守龍神(ひがしかいりくしゅりゅうじん)

東海陸守龍神

「高江校発祥之地」碑は背に海の方を向いています。
そこには「東海陸守龍神」と刻まれた、小さな碑がポツンと立っています。

東海陸守龍神(ひがしかいりくしゅりゅうじん)高江校発祥之地

東海陸守龍神(ひがしかいりくしゅりゅうじん)

北部訓練場の一部が返還され、いまなお訓練場に囲まれている、
海水揚水発電所以外に、この場所は荒涼として、今はなにもない。

東海陸守龍神(ひがしかいりくしゅりゅうじん)高江校発祥之地

高江校発祥之地

東村立高江小学校は、1908年に川田尋常小学校高江分校として小浜の上(クバニー・クバマノウイ)に設立されました。
その後、新川川沿いの谷間に移り、さらに1969年に海抜161m高台の現在地に移転しました。

1965年頃は、児童生徒数も100名余りの時代もありました。
2008年11月23日に「高江小学校創立百周年記念式典・祝賀会」が挙行されました。
碑文には、「高江校発祥之地 明治四十一年創立 明治四十五年(大正元年)新川へ移転 昭和四十四年牛道へ移転 平成二十年十一月吉日 創立百周年記念事業期成会」と記されています。

東海陸守龍神(ひがしかいりくしゅりゅうじん)

東海陸守龍神(ひがしかいりくしゅりゅうじん)

観光名所 東海陸守龍神
(ひがしかいりくしゅりゅうじん)
住所 〒905-1201
沖縄県国頭郡東村高江325-1
時間 見学自由
駐車場 あり

沖縄民謡・文化・歴史のおすすめ

コメントを残す


error: