久高島(くだかじま)は神の島

神の島 久高島くだかじまの情報

久高島(くだかじま)

神の島 久高島くだかじま

沖縄県の有名な離島といえば石垣島や宮古島、慶良間諸島などが有名ですが、少し違った魅力を持った離島も多数あります。
神の島「女神の島」と呼ばれる久高島は島全体が神聖な土地とされる島です。
琉球王朝時代から現代まで伝統が守られてきた日本最後の聖域といっても過言ではないのかもしれません。

沖縄本島の東側に位置する小さな島が久高島くだかじまです。
久高島くだかじまは他の離島とは違い観光化があまり進んでいませんが、それには理由があり。
久高島くだかじまは琉球王朝時代に神事がとり行われた神の島だと言い伝えられているからです。

久高島が神の島といわれる理由

南城市にあるパワースポットの斎場御嶽(せーふぁうたき)は世界遺産として有名です。
最も大切にされてきた聖地ですが、ここから見て東の海に死後の世界、ニライカナイがあると考えられています。
そしてその途中にある神の島、それが久高島なんです。斎場御嶽(せーふぁうたき)にはわざわざ久高島から運ばれた石が敷き詰められているそうです。

神の島 久高島くだかじまの情報 カベール岬へ 一本道

久高島のカベール岬への白い一本道

斎場御嶽せーふぁうたきから見える久高島くだかじま
久高島は神の島として地元から知られていますが、ものすごいパワーを感じる島です。
久高島くだかじまは石垣島や宮古島と同じくらい美しい海があります。
ですが聖域として遊泳禁止や立ち入り禁止の区域も多く存在します。

大地は神様から借りているものと考えられています。
島の北側、集落の外は聖域として守られ、誰のものでもない広い土地があります。

島の北部、集落の外は聖域として守られた「誰のもの」でもない広い空間で、他の沖縄の離島とは異なります。
島全体が神聖な土地として大切にされています。
久高島の観光はルールやマナーを守った行動が必要になります。

コンビニ、スーパー、リゾートホテルのような施設はありません。
どうしても宿泊したいと言う方は、民宿や貸家や久高島宿泊交流館があります。

宿泊交流館は人気があり、部屋数が限られているので満室で泊まれない時もあります。
自動車も空きがあれば借りられるそうです。夜空は星の輝きが綺麗とも評判です。

久高島の聖地を知っておこう

御嶽(うたき)や拝み所(うがんしょ)などのパワースポットや聖地があります。
代表的な場所をご紹介します。

カベール岬

神の島 久高島くだかじまの情報 カベール岬

久高島のカベール岬

カベール岬は久高島の港から反対側の岬になります。
まっすぐに伸びた白い一本道をまっすぐ進むとカベール岬に辿り着きます。
琉球神話で、沖縄の祖神であるアマミキヨが初めて降り立ったと言われている聖域です。

ヤグルガー

神の島 久高島くだかじまの情報 ヤグルガーの湧水

久高島のヤグルガーの湧水

貴重だった久高島くだかじまの神聖な泉。
階段からみる景色は凄い綺麗で、透明感のある海に目を奪われます。
下りて一番下の突き当りにある岩陰の穴に水が溜まってます。

神の島 久高島くだかじまの情報 ヤグルガー入り口

久高島のヤグルガー入り口

柄杓が置いてあり今でも使用できる状態です。
私はここで大きな手長エビを見つけました。
ここの主かもしれません!

久高島(くだかじま)ヤグルガーの主

ヤグルガーの主

久高島(くだかじま)ヤグルガーからの絶景

ヤグルガーからの絶景

久高島(くだかじま)ヤグルガーの自然のトンネル

ヤグルガーの自然のトンネル

イシキ浜(いしきはま)

イシキ浜に降りる階段の途中に木で出来たトンネルがあり、先へ進むと綺麗な白砂の海にでます。
浜にある祈りの場は健康祈願の時期になると、ここから祈りをささげる重要な場所です。
もちろん遊泳は厳禁となっています。

久高島のイシキ浜(いしきはま)

久高島のイシキ浜

イシキ浜(いしきはま)の案内板

イシキ浜の案内板

久高島のイシキ浜(いしきはま)の風景

久高島のイシキ浜の風景

フボー御嶽(ふぼーうたき)

神の島 久高島くだかじまの情報 フボー御嶽 ふぼーうたき

フボー御嶽(ふぼーうたき)

フボー御嶽の入口には看板(ご協力ください)が目につきます。
案内板には「久高島フボー御嶽は、神代の昔からの琉球王府と久高島の人々が大切に守ってきた聖地です。

神々への感謝の心と人々の安寧(あんねい)を願う場所であるため、何人たりとも出入りを禁じます」とかいています。
大切な聖地と分かります!立ち入りが許可されていないところへは絶対に足を踏み入れてはいけません。

久高殿・ウドゥンミャー

神の島 久高島(かみのしま くだかじま)久高殿・ウドゥンミャー(うどぅみゃー)

久高殿・ウドゥンミャー

久高殿ウドゥンミャーは、昔シラタル(百名白樽)とその娘タルガナー(多留加那)が天神地祇を祭り
島の繁栄を祈った場所と言われています。
1978年ごろまで行われていた祭祀(イザイヤマ)はこのウドゥンミャーで行われていた。
一切立ち入り禁止になっていますのでご注意ください。

久高島くだかじまに行く際は、必ず現地の観光のルールを事前に確認してください。
沖縄の人々にとって非常に大切な聖地にお邪魔させていただくという謙虚な気持ちで訪れれば、島の神様も優しく受け入れてくれるはずです。

久高島くだかじまへのアクセス

定期的に久高島フェリーの船便が出ています。
安座真港から徳仁港まで高速船で約15分です。
フェリーで約30分くらいで久高島に到着します。

久高島フェリーくだかじまふぇりー時刻表

高速船
ニューくだかⅢ
料金
大人 片道:760円 往復:1460円
小人 片道:390円 往復:750円
※小人は6歳から小学生まで
中学生以上は大人料金
フェリーくだか料金 大人 片道:670円 往復:1280円
小人 片道:340円 往復:650円
※追加料金(高速料金)
フェリーくだかの往復切符を購入された方で
復路(帰り)の便を高速船にしたい方は高速船と
フェリーの運賃の差額90円を高速料金として追加申し受けます。
自動車
航送運賃
フェリーくだか
運転者1名分の
運賃を含みます
車両の長さ     片道   往復     主な車両
3m以上4m未満 4620円  8780円    軽自動車など
4m以上5m未満 6160円  11710円  普通小型乗用車など
5m以上6m未満 8230円  15640円
6m以上7m未満 10290円  19560円
7m以上8m未満 12340円  23450円
8m以上9m未満 14390円  27350円
※その他の車両についてはお問い合わせください。
また、重機車両に関しては料金が2倍になります。
南城市知念
安座真港
沖縄本島側
出港時間
1便 09:00 高速船
2便 10:00 フェリー
3便 11:30 高速船
4便 14:00 フェリー
5便 15:30 高速船
6便 17:30(夏期) 17:00(冬期)フェリー
※夏期 4月1日~9月30日 ※冬期 10月1日~翌3月31日
久高島
徳仁港
出港時間
1便 08:00 高速船
2便 09:00 フェリー
3便 11:00 高速船
4便 13:00 フェリー
5便 15:00 高速船
6便 17:00(夏期) 16:30(冬期) フェリー
※夏期 4月1日~9月30日 ※冬期 10月1日~翌3月31日
問い合わせ 久高海運:
安座真事務所 電話:098-948-7785
久高事務所 電話:098-948-2873

久高島での交通アクセス

久高島の移動にはレンタサイクルがお勧めです。
神聖な神々の島をゆっくりと自転車を走らせ、散歩気分で久高島を一周するだけでもとても気持ちがいいものです。
※台数に限りがあるので事前に問い合わせしてください

徳仁港待合所
(レンタサイクル)
電話:098-948-2842
さばに
(レンタサイクル)
電話:098-948-3893
たまき
(レンタサイクル)
電話:098-948-2291

神の島と言われパワースポットと聖地があり、そこに何かにすがりたくて島にやってくる人も少なくないと思います。
島の何かが必要な人は、島を1周するともう一度その場所に行きたくなるそうです。
そこにはきっと、自分自身にとって必要な何かがあるから行けばいい。
久高島の人がいうには、久高島はお願いをしに来る場所ではなく「感謝」をする場所だと。

名所 久高島(くだかじま)
面積 1.38 km²
海岸線長 8.0km
最高標高 17.5m
所在海域 太平洋
所属諸島 沖縄諸島
所属国・地域 日本・沖縄県南城市

ビーチ・海のおすすめ

コメントを残す