ワイトゥイ(わいとぅい)

ワイトゥイ(わいとぅい)のおすすめ案内観光情報

ワイトゥイ(わいとぅい)の道を歩む

ワイトゥイ(わいとぅい)とは

昭和7~10年(1932~1935年)にかけて勝連平安名南西部(比殿原、嘉慶名久)の農耕地に通じる断崖を掘削した横断農道である。
長さ約150m、高さは最高所で20mある。
正式名称は比殿農道ですが、割って取ったという意味でワイトゥイと呼ばれている。

ワイトゥイ(わいとぅい)のおすすめ案内観光情報

ワイトゥイ(わいとぅい)掘削跡

ワイトゥイ(わいとぅい)のおすすめ案内観光情報

ワイトゥイ(わいとぅい)道を歩く

ワイトゥイ(わいとぅい)のおすすめ案内観光情報

ワイトゥイ(わいとぅい)の道

ワイトゥイ(わいとぅい)のおすすめ案内観光情報

ワイトゥイ(わいとぅい)道(みち)

ワイトゥイ(わいとぅい)のおすすめ案内観光情報

ワイトゥイ(わいとぅい)この先にには?

ワイトゥイの案内板

ワイトゥイわいとぅいは、平安名集落南西部あざへんななんせいぶ比殿原ひどぅんばる嘉慶奈久かげなく)の農耕地のうこうちに通ずる断崖だんがい掘削くっさくした農道のうどうです。

ワイトゥイ(わいとぅい)のおすすめ案内観光情報

ワイトゥイ(わいとぅい)案内板と碑石

長年、村人は比殿バンタひどぅんばんた急崖きゅうがい険阻けんそ山道やまみちを登り降りしていましたが、この苦難くなんを解消するために、昭和7年(1932年)から昭和10年(1935年)にかけてこの断崖を掘削、横断農道おうだんのうどうを開通させました。長さ約150m、高さは最高所で20mもあります。当時のトゥングェー(金鍬かなぐわ)や、カニガラ(石割棒いしわりぼう)などを使った人々の難工事なんこうじの跡が断面に刻まれており、その苦難くなんの歴史を知る上で重要です。

ワイトゥイ(わいとぅい)のおすすめ案内観光情報

ワイトゥイ(わいとぅい)案内板

名所 ワイトゥイ(わいとぅい)
住所 〒904-2312
沖縄県うるま市勝連平安名
営業時間 見学自由
駐車場 なし
※道沿いに空きスペースがあります。自己責任で駐車してください。
参考 1997(平成9)年4月23日指定


うるま市(うるまし)のおすすめスポット

沖縄民謡・文化・歴史のおすすめ

コメントを残す