浜比嘉島にあるウブガー・ハマガー(産井戸)

浜比嘉島(はまひがじま)ハマガーの水

浜比嘉島(はまひがじま)ハマガーの水

神の島で有名な浜比嘉島。
アマミチューシルミチューの墓に行く手前に、ハマガーという湧き水が沸いている場所があります。
今でも少しですが水が沸いていいて、その隣に霊石が置かれています。

浜比嘉島(はまひがじま)ハマガー

浜比嘉島(はまひがじま)ハマガー

こちらは、もともと比嘉部落のウブガーとなっているんだそうです。
なんでも、出産の時の産水、あるいは葬式の時の死水として利用されていたんだそうです。

浜比嘉島 ハマガー(はまがー)の看板

浜比嘉島 ハマガーの看板

浜比嘉島 ハマガー(はまがー)

浜比嘉島 ハマガー

浜比嘉島(はまひがじま)ハマガーの目の前の海

浜比嘉島 ハマガーの目の前の海

また、こちらもソージガーやノロ墓と同じように十二か所めぐりの一つみたいです。
この、ハマガーの上には鍾乳洞があり、なかには祈りの場所があります。

ウブガー・ハマガー(産井戸)案内板

このカーは、宇比嘉のウブガーで、正月元旦の若水をくむ井泉です。

浜比嘉島 ハマガー(はまがー)の看板

浜比嘉島 ハマガー(はまがー)の看板

沖縄の知識

今回の記事にガー(カー)とあります。
ガーにも色々と意味があるのでまとめてみました。

村ガー

地いきの人々が共同で使う井戸(いど)のこと。

ウブガー

産まれたばかりの赤ちゃんの額(ひたい)に水をつける、ミジムイとかウビナディ(水なで)とよばれるぎ式が、沖縄にはあります。ウブガーとは、そのための水をくむカーのことです。

ヒージャーガー

地下からわき出る水を、「かけひ」や「とい」で受けて流す泉(いずみ)のこと。

クラガー(暗川)

どうくつの中などからわき出る泉(いずみ)のこと。暗い場所にあることから、こうよばれるようになったのでしょう。

かーとは

地下からわき出る水をかーと言います。沖縄では湧き水のことをかーといいます。

名所 ウブガー・ハマガー(浜比嘉島 産井戸)
住所 〒904-2316
沖縄県うるま市勝連比嘉島
時間 見学自由
駐車場 なし


うるま市(うるまし)のおすすめスポット

沖縄県中部のおすすめ

コメントを残す