沖縄県南部

佐敷ようどれ(さしきようどれ)

佐敷ようどれ(さしきようどれ)

佐敷地区にある佐敷ようどれ。 (ようどれ)とは夕凪・静かな場所を意味しています。 琉球王国を建てた尚巴志[ しょうはし]の父、尚思紹(しょうししょう)夫妻など、家族7人を祀ってありましたが、1959年 続きを読む

久高島(くだかじま)は神の島

神の島 久高島(くだかじま)

神の島 久高島くだかじま 沖縄県の有名な離島といえば石垣島や宮古島、慶良間諸島などが有名ですが、少し違った魅力を持った離島も多数あります。 神の島「女神の島」と呼ばれる久高島は島全体が神聖な土地とされ 続きを読む

ヤグルガー(久高島)

神の島 久高島(くだかじま)

貴重だった久高島くだかじまの神聖な泉。 階段からみる景色は凄い綺麗で、透明感のある海に目を奪われます。 下りて一番下の突き当りにある岩陰の穴に水が溜まってます。 名所 ヤグルガー(やるぐがー・久高島) 続きを読む

イシキ浜(いしきはま)

久高島(くだかじま)

イシキ浜(いしきはま) イシキ浜に降りる階段の途中に木で出来たトンネルがあり、先へ進むと綺麗な白砂の海にでます。 浜にある祈りの場は健康祈願の時期になると、ここから祈りをささげる重要な場所です。 もち 続きを読む

ビロウの杜(びろうのもり)

久高島(くだかじま)

ビロウの杜 カベールの林の中には、ビロウ・クロツグやアダンなどの植物が生い茂り、様々な動物たちの住みかにもなっています。自然と一体になった久高島の信仰は、人の手を加えない植物の自然の姿を私たちに見せて 続きを読む

ハビャーン カベール岬

久高島(くだかじま)

カベール岬は久高島の港から反対側の岬になります。 まっすぐに伸びた白い一本道をまっすぐ進むとカベール岬に辿り着きます。 琉球神話で、沖縄の祖神であるアマミキヨが初めて降り立ったと言われている聖域です。 続きを読む

仲村渠樋川(なかんだかりひーじゃー)

仲村渠樋川(なかんだかりひーじゃー)

南城市(なんじょうし)南部の玉城地区にある仲村渠樋川(なかんだかりひーじゃー)。 地元では(ウフガー)と呼ばれている、湧き出る泉(湧泉)です。 集落から湧泉につながる坂道は石畳の道となっていて昔ながら 続きを読む

BE NATURAL(ビー ナチュラル)

BE NATURAL (ビー ナチュラル) 外観

南城市に有る隠れ家レストラン BE NATURAL(ビー ナチュラル)は南城市の小高い丘の上にあり、細道の奥にひっそりとお店は立っています。 元々は道沿いにありましたが、移転し現在の場所にあるそうです 続きを読む

テダ御川(てだうっかー)

テダ御川(てだうっかー)

テダ御川は国道331号線から知名海岸の知名崎の奥にあります。 ざっくりいうと、あざまサンサンビーチから伸びる海岸沿いを進んでいった場所です。 知名崎の聖地で太陽神がここに降臨したと伝えられる事から、テ 続きを読む

ヤハラヅカサ

ヤハラヅカサ(やはらづかさ)

海の中にあるパワースポット アマミキヨが降り立ったとされる、海の中にあるパワースポット「ヤハラヅカサ」に行ってきました。 ヤハラヅカサは百名ビーチから「アマミキヨのみち」と書いた看板を北側へと進んでい 続きを読む

カフェ浜辺の茶屋(かふぇ はまべのちゃや)

カフェ浜辺の茶屋(はまべのちゃや)

カフェ浜辺の茶屋 浜辺の茶屋は沖縄本島南城市にある海沿いの海カフェです。 雑誌などでよく紹介されている浜辺の茶屋は、南部でとても人気のある海カフェです。 大きな窓から目の前の海を見渡すことが出来き、波 続きを読む

時を得た聖地 浜川御嶽(はまがわうたき)

パワースポット浜川御嶽(はまがわうたき)

海の聖地ヤハラヅカサから陸地の方向へむかうと浜川御嶽(はまがわうたき)はあります。 この場所は神聖霊域となっていて、自然の大きなパワーを感じられるような雰囲気がただよう場所になっています。 浜川御嶽の 続きを読む

error: